読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とも言えない世界観

日常での面白いことや思い付いたことを、おもしろ可笑しくお伝えします。そんなハーフ フィクションの世界をお楽しみに。

粉瘤と旅行と、それから私。


こんにちは。

粉瘤と共同生活をしているレトロモです。

このように表現すると、何だか彼氏のようですね。
さながらちょっと我が儘な弟気質の彼氏でしょう。
しかし男経験の少ない私には、彼を受け入れる“出来るお姉さん”の器はありません。
きっとハードルの高さに着いていけず、弟気質をダメ男に変えて自分もボロボロになってしまいます。

そうなる前に彼と決別する為、今は炎症を抑える治療をしています。


そんな治療中に、私は彼と旅行に行ってきました!!
あと友達2人と。

私と友達2人、彼(粉瘤)。計3人と1つでの箱根旅行です。
しかし、そこで事件が起きました。






私たちは江戸時代から続く、老舗の旅館に泊まりました。
年季がいい味を出している、風情ある素晴らしい旅館でした。
お部屋、お風呂、夕飯、雰囲気、全て良かったです。
しかし、老舗ならではの、私の苦手なものがありました。

トイレです。

その旅館のトイレは部屋に無く、廊下の先の薄暗い場所にありました。
トイレと個室のドアは木製で「ギギギギ…」と鳴り、壁は丸いタイル貼り、部屋も薄暗く蛍光灯のジジジっという音が絶えず鳴っていました。

蛍光灯の白く薄暗い光と、タイルが怖い感じにマッチしており、恐怖感をこれでもかと煽ってきます。


正直ホラー映画で使われてるレベルでした。

無理。
これ絶対行けない。漏らすしかない。

「ねぇ、夜トイレで起こしていい?」
「いや。」
「絶対やめて。」

私は漏らす決意をしました。










その夜です。
寝る前にみんなで仲良くトイレへ行き、就寝しました。

そこから爆睡していたのですが、途中でなぜか起きてしまいました。
時間は丑三つ時の深夜3時。

何となく、ふとケツに手を伸ばした時です。

……ヌルッ


粉瘤が割れました。


粉瘤の破裂とは~~~~
粉瘤は膿むと袋が脆くなり、破裂してしまう。
悪臭がしたり、膿が血流に乗って高熱を出す恐れがある為、すぐに病院に行くべき。
破裂した時、病院によっては緊急外来に行くよう指示される場合もあるそうです。





お化けの時間にお化けのトイレへ行くはめにっ…


絶望でした。
漏らす決意までしたのですから。

絶対行けない……

と思ったのですが、

行けました!




正直、お化けどころじゃありませんでした。


(割れた!?えっ!粉瘤割れた!?!?)

ヤバイヤバイヤバイヤバイ。
もう瞬間的にトイレへ駆けていきました。


そこで携帯のインカメラで破裂したことを確認し、膿を自分で出しました。
粉瘤マスターは、排膿手術を知っていたので、
(手術で痛い思いをするなら今出来るだけ出そう!)
そう思って、前向きに頑張ってつねって出しました。


…嘘です。

こんなきらびやかじゃありませんでした。
(くっそー破裂しやがった。これもう排膿決定だ!あーもう自分で出したろオラァ!)

こんな意気込みで、オラついて自分で膿を出しました。




その後は絆創膏を貼って寝直し、観光して帰宅しました。
旅行はとても楽しかったです。笑





そして、帰ってすぐ病院という戦場へと向かいました。
敵数は変わってないにしろ、こちらは満身創痍。
正直また行くの辞めようとも思いましたが、頑張りました。

排膿手術決定だよぉ~。痛いよ絶対。
既に半泣きの状態でしたが、ガチで泣く覚悟をしハンカチを持って行きました。

「はい、どうですかー?痛みは引きました?」
「…しこりは小さくなりました。」
「腫れが引いたということですか?」
「いえ。引くどころか、割れました。泣」
「!? すぐお尻見せてください!」

もう半泣きでベットに横になり、ケツを出しました。
排膿手術痛いんでしょ?絶対耐えられないよぉ~。帰りたぁ~い。

しかし意外な事が起きたのです。
「…おぉ!綺麗になってますね!」


え?ケツが?
一瞬何のことか分からなかったのですが、粉瘤は綺麗に治ってるということでした。

先生の話をまとめると、普通は排膿手術をする所、膿は全部出ていて、もう瘡蓋になっている。
ということらしいです!
私の処置が完璧だったということじゃないでしょうか!?
いやーこんなことってあるんですねw


この戦いの一番の勝因はマスターレベルの知識だと思います。
あとは『オラついて排膿する』ということでしょうか。
絆創膏を貼っといたのも良かったのかもしれません。

※マスターレベルの知識については、後日まとめようと思うので、気になったら見てください。




このあと私は手術日を決め、もう抗菌剤も飲まなくて良いということで終わりました。
残すは手術を待つのみです。
ここでの注意点は、炎症の再発ですね。

炎症が起きたら手術は中止し、炎症を抑える治療か、排膿手術に変わります。
病院によっては膿んだ状態で行う場合もあるようです。

医者じゃないので分かりませんが。

粉瘤マスターのいうことなので、鵜呑みにしないでね!
因みにマスターは手術二日前に炎症し、摘出手術は中止。変わりに排膿手術をやりました。



皆さんもしこりができたら、早めに病院へ行ってください。
無駄な我慢は、本当に無駄でしかありませんでした。

また、「あれ、これ粉瘤じゃね?」
と思ったら、後で粉瘤についてまとめる予定なので、そちらをご参照ください。
癌とかもしもの事があるので病院には行った方がいいと思います。


私のようにならないよう気を付けて下さい。

それではまた。

粉瘤と私の共同生活。

こんにちは。

突然ですが、粉瘤というものをご存知でしょうか。
わりとメジャーな病気らしいのですが、私は最近知りました。

今日は粉瘤について、記事更新を怠っている言い訳をしながらお話したいと思います。


ロックアップに行くと言う記事を書いてからもうだいぶ日にちが経ちました。笑

ロックアップには、もう行きました!
では、行ったのになぜまだ書かれていないのか。

内容を文にするのに手間取ってるのも1つの理由です。
ですが、それ以上に忙しい。
リアルがとてつもなく忙しいんです。
リア充ですね♪(白目)


そして、もう1つの原因。
ケツの痛さに悩まされていたからです。

痛いんです……お尻が…。
それも座ってられない程に。







なぜお尻が痛いのか。
それは粉瘤が出来てしまったからです。
しかも右ケツの、丁度パンツのゴムが食い込む所に。



粉瘤とは~~~
粉瘤とは、皮膚の下にできる袋状の腫瘍のこと。袋に老廃物が溜まることで腫瘍は大きくなってしまう。
癌の類いではなく、命に別状もないが、放っておくとバイ菌がルンルンし痛みや腫れを引き起こす。
腫瘍なので自然治癒はせず、摘出手術で袋を取らない限り治らない。



そんなものが私の、嫁入り前のプリケツに出来てしまったんです。
しかも、しこりに気づいた瞬間、私はネットで調べつくし、手術必須のこと、麻酔のため注射をしなくてはいけないこと。腫れたら膿を出さなくてはいけない等、全てを知ってしまった……。
手術動画見るレベルには調べました。
もう粉瘤マスターです。
これからはマスターとお呼びください。




そんな粉瘤マスターは、注射が死ぬほど嫌いで、血液採取の時も半泣きで挑み看護婦さんにプレッシャーをかけまくる人間です。
羞恥心?そんなの恐怖心の前では米粒とカビゴンの差です。
簡単にペロリと食べられます。

とにかく、こんなことを知ってしまっては病院に行きたくありませんでした。






「あ~。やだな~、手術とか。蜂にも刺されたことないのにふざけんじゃねーよ。あーもう今日病院行かねーから。」


そんな愚痴を誰に言うでもなく抜かしウダウダしていると、1ヶ月程経ってしまいました。
すると異変が起きたのです。


あれ、痛い?


何となくですが、違和感を感じました。
しかし前にも書いた通り、私は粉瘤の全てを知っているマスターです。
痛みが発生するのはバイ菌がルンルンしているせいで炎症が起こっているから。
炎症が起きた場合、酷い時は『排膿手術』によって膿を出さなくてはいけないのです。


排膿とは~~~~~
膿んでしまった場合に行う手術。
患部を針やメスで穴を開け、そこからつねる様に膿を押し出す。
麻酔は効きにくく、麻酔をしない病院もあり、また麻酔をしても痛いらしい。




麻酔する摘出手術よりも断然痛いらしい。
排膿は、麻酔で痛がらない人も痛がるレベル。



私は病院に行かない決意をしました。










それから数日後。

すっごい痛い。

肌色だったシコリは、濃い赤紫の痛々しい色になり、座ってもられない程になりました。
ケツの形も、腫れてデコポンの様に変形してます。
しかし手術で痛い思いをしたくない!

激痛に耐えつつ、激痛の為に、激痛を受け入れる。
そんな矛盾に気づかない程に頑張っていました。


椅子に座るときは、右ケツを庇うため左に傾いたり。
お昼に行くときは「あの定食屋、椅子固かったっけ?」と聞いたり。
友達からは「ソファの方座る?固くないよ。」と気を使われたり。

日常では使わない気の配り方をし、何だか新しい世界を見た気がします。




しかしもう限界だ。
私は、とうとう我慢を諦めました。

諦めると、何だか痛みも和らいだ気がします。
あぁ、敵を前にした戦士はこんな気分なのだろうか。
病院という戦場を前に謎の余裕が出てきました。
これを『戦前の余裕』と名付けましょう。
是非覚えて下さい。








心の準備を整える為、我慢を諦めてから1週間後、ようやく皮膚科へと向かいました。

病院へ着くと、まず受付で「どうされましたー?」
「あ、えーっと、ケツにしこりができまして…。」
と大衆の面前で説明しなくてはならないという洗礼を受け、その後無事診察室へたどり着きました。


お医者さんはおじさんでした。
「はーい。じゃぁおケツ見せてねー。」
と笑顔を向けられ、診察だと分かりつつ(変態チックだなー)と嫌々脱ぎました。

すると、驚くことを言われました。
「…これは、治ってきてるねぇ。」
「!?!?」
何と、我慢してる間に体が頑張って治してくれてたのです!
恐らくあの『戦前の余裕』は、炎症が収まってきたことにより、本当に余裕が出てきたのでしょう。


すごく痛くなかった?
はい、とても痛かったです。

自信満々でドヤる私に、先生は苦笑いで「でしょうね」と仰いました。




それからは、まだ炎症起こしてるから、薬で様子見することになりました。


あ~良かった!!







このあと炎症を抑える治療を始めるのですが、その期間中に、わたくし、旅行に行ってきました!!
いぇーい♪
楽しかったです!笑


しかしそこで大事件が起きました。

次回、粉瘤と旅行。

お楽しみに。

長くなって二部作になってしまいました。
すみません。
続きは近い内にあげたいと思います。


それでは。

カフェでの妄想がホットすぎて火傷した

こんばんわ。

先程まで私はカフェに居ました。それも道路側に面したカウンターで1人。

ネオンに当てられながら飲むココア。しかも泡がたくさん積ったアワアワココアを、茶色い髭を付けながら、おしとやかに。大人っぽく。優雅に啜っていました。


何なら優雅すぎて足も組んじゃいます。
優雅ですねー。笑


今日はそんなTea timeのお話を書きたいと思います。
まぁ飲んでるのはTeaでなくCocoaですけどね。



さて、私は優雅に足組みしているのですが、気づいたことがことがあります。カウンターの椅子のことです。
カウンターの椅子って少し高めに作られていて、足置く突っ張り棒も下の方にありますよね。

なぜそんな作りなんでしょう。
そのせいで私のような短足チビが座ると、足が宙ぶらりんなんです。
足を組んでも綺麗に斜めにすることができず、組んだ足を垂直に下ろしている、宙ぶらりんの状態です。


この状況伝わったでしょうか?道を歩く人にとっては、とても面白い情景かと思われます。
しかしそんなことは気にしません。私は優雅なのですから。


もっと言えば、今日はすっぴんでした。
理由は単純。時間がなかったから。
つまり、宙ぶらりん以前にもっと大きな欠陥があります。



こんな宙ぶらりんのドすっぴんという2コンボでも、カフェの窓際でココアをというだけで、私の中では優雅に違いありません。
アワアワココアのアワ髭だって、ここではオシャンティーに見えるかも。

そしてこの滲み出る優雅さは、周りも感じ取れる程でしょう。
見栄じゃないですよ。けして。
心の底からそう思ってます。





さて、こんな優雅にエレガントな出で立ちで、カフェで一人ココアを飲む女性。
良い女じゃないですか?
そう思いませんか?

私は良い女だと思います。それもナンパしたくなるくらい。

そこで思ったのです。
まてよ?もし私が男だったら、ナンパしたいと思う。これって万国共通の思考なんじゃ……!!




そうひらめいた瞬間、テンションはMax!!!
世界はきらびやかになり、オーケストラの音楽が流れた気がしました!

なんでこんなことに気づかなかったんだろう!!





もうそこからは優雅な女でなく、ナンパ待ちの魅惑な女豹となりました。


ふふっ。どこからでもいらっしゃい、坊や。



いまかいまかとワクワクしつつ、その高ぶりは内に秘める。
これぞミステリアスさも兼ねた色気ある女。

自分の完璧さに脱帽です。
まさかこんな1面も持っていたとは……



そう自分に酔いながら微笑みを浮かべココアに視線を落としました。
丁度泡も消え、濃いブラウンが覗きます。

今の私のイメージは、こんな落ち着いたブラウンかもね。

そう思いをはせ、啜りました。

その時です。




「…スス…つっっ!?!?!!!!」


なんだこれ。めっちゃ熱い。

ビックリした。
もう本当、すっごいビックリ。
何が起きたのか一瞬分からなくなるレベル。

そこで気がつきました。
そうか。さっきまで飲んでたの、泡だから熱くなかったんだ。

本体のココアはめっちゃ熱い。




火傷しました。
もう熱すぎて涙出てきました。


でも一人だし、泣いたらダメだ。それに化粧落ちちゃう。
…あ、化粧してないんだ。




ここで現実に戻った気がします。
さっきまでは、知らぬうちに現実でない、どこかへ行っていたのでしょう。

だって世界の見え方がこんなにも違うんだから。



きらびやかだったのはただの電柱とテレクラの電飾。オーケストラの音楽は雑談と椅子や机の奏でるパーカッション。

目の前の窓に写る私は、童顔もあいまって、泣く寸前のただのクソガキです。
あ、眉毛抜けてついてる。


このとき後でJKが「一人でカフェにいる人って何でだろうねー。友達居ないのかなwww」
と言っていたのが心に残っています。






ナンパされる女豹という、ホットな妄想をしていた結果、ホット過ぎるココアで舌を火傷するという、そんな体験でした。

もしかしたらココアは、「ホットってのはこう言う事だ!」
と、現実を私に教えようとしたのかもしれませんね。
ありがとうココア。次からは少し手加減してね。



皆さんも、妄想は自由ですが、熱くなりすぎないよう気を付けてください。

それでは。

ザ・ロックアップというお化け屋敷に行きたくない。

みなさん、お化け屋敷は好きでしょうか?
私は大嫌いです。



世の中には様々な居酒屋があり、一風変わったお化け屋敷のような居酒屋もあります。

その名も「ザ・ロックアップ」。

監獄をモチーフとした監獄居酒屋なのですが、定期的にお化けが徘徊し、お客さんを脅かすというイベントが行われます。
つまりスリルを求めてる人、お化け屋敷大好きな人には持ってこいの、とても楽しい居酒屋なのです。


しかし、冒頭でも言いましたが私はお化け屋敷が大嫌いです。




どれ程嫌いかというと、世の中には可愛い子ぶって
「きゃー怖い♡」と言う人がいますよね。
腕なんかに抱きついてしまって、胸が当たるという、ラッキースケベならぬサービススケベもある、あれです。

私も怖いと同じことをします。しかし私の場合は本気です。なので、
「あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!!!!」とシャウトがかった雄叫びをあげ、服を引きちぎらんばかりの勢いで近くの人を盾にします。

もうそこには、女性らしく「守ってもらう」という考えはありません。
「守らねば、自分の身は自分で。」
何かに対して、ものすごい覚悟をしています。

何かが何なのかは分からないけど。



学園祭のお化け屋敷でさえ、お店の目の前で惜しげもなく駄々をこねまくり、今のところは無敗の回避戦歴を持っています。

スタッフの方は、クオリティを褒められ喜んだり、目の前で繰り広げられる光景にドン引いたり、蔑んだり、表情を忙しく変えられてますね。




そんな私がロックアップ。
大丈夫でしょうか?いいえ、ダメでしょうね。笑







そもそもなぜ行くことになったか。

以前友人と喧嘩をしてしまい、最近仲直りしたんです。その友人はお詫びとして、サプライズも兼ねて、イベント事大好きな私の為に楽しそうな居酒屋を予約してくれたんです。

よりにもよって「ザ ロックアップ」を。


正直、一瞬「あれ、これって復讐かな?そんなに怒ってたんかな?」と疑いました。
しかしその子は、そんなことをする子では無いのです。

そう、友人は復讐でも腹黒い訳でもなく、心の底から完全な善意で私のためを思って「ザ ロックアップ」を予約してくれたんです。
因みに友人は、私が怖いもの嫌いなことは、言ってないので知りません。


しかもメンバーは、その子と私の二人きり。
お化けに襲われたとき、隠れることも、人に紛れることも出来ません。




そんなこんなで、行くことになってしまいました。
本当に嫌です。
心の底から行きたくないと思います。

しかし行かねば。
耐えます。
気合いで。





調べてみると、トイレにも驚かす仕掛けがあるそうです。
これは問題ですよね。尿意を催し、多少なりとも我慢している人が来るトイレに、驚かす仕掛けを作るというのは。
誰か漏らしたらどうするんですか?
私は漏らします。


ということで当日は、気合いと、サプライズありがとうという憎しみ、替えのパンツを持って行きたいと思います。


それでは。

ツイッターの凄さ。でも私はブログ向き(笑)

面白いことを伝えたい時、皆さまはどうしているでしょうか?

学校や遊んだときに話す、ラインで伝える、電話で興奮ぎみに話す。伝える場面は様々です。
しかし、思い付いたのが深夜、授業など静かにしなきゃいけない時、相手が聞く気にならない時。
そんな時は話せないですよね。

でも、どうしても話したい!

そんな時に活躍するのがツイッターです。
ツイッターは便利ですよね。自分が呟きたいときに好きなことを呟く。それを見た不特定多数の人が、反応したければ反応し、何もなければ流す。
それが成立するのがツイッターの素晴らしさだと私は思います!

想像してみてください。ツイッター上の出来事が現実で起こるとどうなるか。

A「さっきおじさんが路上で踊ってた!めっちゃ面白い!」
B「何それ!意味わからなさすぎww」
C「……」
A「すっごい上手で、逆にそれがおも「あ"あ"あ"暇だから誰かかまちょぉぉおおおお!!!(byD)」

こちらの発言に何も微動だにせずスルーするC。恐らく視線は空虚をさ迷い、ずっと見てると心配になる風貌をしているでしょう。
Dに関しては話しているのに「かまちょ」と話を遮ってます。そんなに構って欲しいならこちらの会話に入れ。

こんな状況にも関わらず、何も問題なく、個々が楽しく過ごせる空間。それを可能とするのがツイッターです。
すごいですねー。これが現実だと喧嘩やキチガイの奇声などで阿鼻叫喚となるでしょう。
因みに私は奇声担当です。


しかし、こんなすごいツイッターにも難点が。
それは文字数です。
どんなに面白いことや閃きを伝えたかったとしても、あの限られた文字数で伝えるには難しい内容はたくさんあるでしょう。
分けて連投するのも何かダサいと思うので私は嫌です。
多い内容だと小ネタを挟むことも出来ず、伝えられても不完全燃焼です。

それに私は書いていると他に書きたいことがどんどん出てくるので、ツイッターの文字数はすごいネックになるんですね。
あと文章まとめるの苦手だから大変。
コミュ症だから話しても伝わらない笑

そんなこんなでブログを始めました( ̄∇ ̄*)
よろしくお願いします。