読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とも言えない世界観

日常での面白いことや思い付いたことを、おもしろ可笑しくお伝えします。そんなハーフ フィクションの世界をお楽しみに。

カフェでの妄想がホットすぎて火傷した

こんばんわ。

先程まで私はカフェに居ました。それも道路側に面したカウンターで1人。

ネオンに当てられながら飲むココア。しかも泡がたくさん積ったアワアワココアを、茶色い髭を付けながら、おしとやかに。大人っぽく。優雅に啜っていました。


何なら優雅すぎて足も組んじゃいます。
優雅ですねー。笑


今日はそんなTea timeのお話を書きたいと思います。
まぁ飲んでるのはTeaでなくCocoaですけどね。



さて、私は優雅に足組みしているのですが、気づいたことがことがあります。カウンターの椅子のことです。
カウンターの椅子って少し高めに作られていて、足置く突っ張り棒も下の方にありますよね。

なぜそんな作りなんでしょう。
そのせいで私のような短足チビが座ると、足が宙ぶらりんなんです。
足を組んでも綺麗に斜めにすることができず、組んだ足を垂直に下ろしている、宙ぶらりんの状態です。


この状況伝わったでしょうか?道を歩く人にとっては、とても面白い情景かと思われます。
しかしそんなことは気にしません。私は優雅なのですから。


もっと言えば、今日はすっぴんでした。
理由は単純。時間がなかったから。
つまり、宙ぶらりん以前にもっと大きな欠陥があります。



こんな宙ぶらりんのドすっぴんという2コンボでも、カフェの窓際でココアをというだけで、私の中では優雅に違いありません。
アワアワココアのアワ髭だって、ここではオシャンティーに見えるかも。

そしてこの滲み出る優雅さは、周りも感じ取れる程でしょう。
見栄じゃないですよ。けして。
心の底からそう思ってます。





さて、こんな優雅にエレガントな出で立ちで、カフェで一人ココアを飲む女性。
良い女じゃないですか?
そう思いませんか?

私は良い女だと思います。それもナンパしたくなるくらい。

そこで思ったのです。
まてよ?もし私が男だったら、ナンパしたいと思う。これって万国共通の思考なんじゃ……!!




そうひらめいた瞬間、テンションはMax!!!
世界はきらびやかになり、オーケストラの音楽が流れた気がしました!

なんでこんなことに気づかなかったんだろう!!





もうそこからは優雅な女でなく、ナンパ待ちの魅惑な女豹となりました。


ふふっ。どこからでもいらっしゃい、坊や。



いまかいまかとワクワクしつつ、その高ぶりは内に秘める。
これぞミステリアスさも兼ねた色気ある女。

自分の完璧さに脱帽です。
まさかこんな1面も持っていたとは……



そう自分に酔いながら微笑みを浮かべココアに視線を落としました。
丁度泡も消え、濃いブラウンが覗きます。

今の私のイメージは、こんな落ち着いたブラウンかもね。

そう思いをはせ、啜りました。

その時です。




「…スス…つっっ!?!?!!!!」


なんだこれ。めっちゃ熱い。

ビックリした。
もう本当、すっごいビックリ。
何が起きたのか一瞬分からなくなるレベル。

そこで気がつきました。
そうか。さっきまで飲んでたの、泡だから熱くなかったんだ。

本体のココアはめっちゃ熱い。




火傷しました。
もう熱すぎて涙出てきました。


でも一人だし、泣いたらダメだ。それに化粧落ちちゃう。
…あ、化粧してないんだ。




ここで現実に戻った気がします。
さっきまでは、知らぬうちに現実でない、どこかへ行っていたのでしょう。

だって世界の見え方がこんなにも違うんだから。



きらびやかだったのはただの電柱とテレクラの電飾。オーケストラの音楽は雑談と椅子や机の奏でるパーカッション。

目の前の窓に写る私は、童顔もあいまって、泣く寸前のただのクソガキです。
あ、眉毛抜けてついてる。


このとき後でJKが「一人でカフェにいる人って何でだろうねー。友達居ないのかなwww」
と言っていたのが心に残っています。






ナンパされる女豹という、ホットな妄想をしていた結果、ホット過ぎるココアで舌を火傷するという、そんな体験でした。

もしかしたらココアは、「ホットってのはこう言う事だ!」
と、現実を私に教えようとしたのかもしれませんね。
ありがとうココア。次からは少し手加減してね。



皆さんも、妄想は自由ですが、熱くなりすぎないよう気を付けてください。

それでは。