何とも言えない世界観

日常での面白いことや思い付いたことを、おもしろ可笑しくお伝えします。そんなハーフ フィクションの世界をお楽しみに。

アンパンマンの構造とは。

こんにちは。

みなさんアンパンマンてご存じですか?
ご存じですよね!あの国民的ヒーローを!
逆にバイキンマンは国民的悪者ですかね?
それはそれでなんだかバイキンマンが禍々しく思いますねw



それはそうと、最近アンパンマンを見ました。
いつもの通りバイキンマン倒している人型のアンパンでした。


そこで私、ひらめいたんです。




アンパンマンて、体の中どんな構造してるの??







何てことでしょう。
私たちは何の違和感もなく、アンパンが動く姿を見続けていたのです!


そこで今回は、アンパンマンの動く仕組みについて考えてみました。





アンパンマンの基本情報

まずアンパンマンは、顔が濡れたり、必要以上に顔を食べられてしまうと力、つまりエネルギーが無くなります。
そして顔を交換し、エネルギー補給をするのです。

またアンパンマンは触ったり痛みなど感覚があるので、感覚神経なども通っているのでしょう。


そこで考えました。
血液は?

そうです!
そこに答えは合ったんです!



私の仮説だと、アンパンマンは血液の代わりにアンパンの餡を採取し、エネルギーに変換しているのではないかと。

そしてエネルギーに変換する際、血管のような、見えない実態がないエネルギー脈絡が存在し、その脈絡で顔は落ちないのです。

また脈絡の法則として、恐らく「より大きなエネルギー(新しい顔)に反応する」というものが有るのだと想います。
その法則のお陰で顔は新しいものへと交換されるのです。



では、その脈絡を作り出しているものは何か。
私はそこで役2週間程つまずいたのですが、ここで友達が新たな情報をくれました。
さらっと。

「そーいえば、アンパンマンて空から降ってきて、星の欠片が体に埋め込まれてるよね」

ま じ か

それじゃん
心臓の役割、それだよ。

あんなに悩んだのに、さらっと答えが出てしまいましたw


つまり、
アンパンマンは星の欠片でアンパンからエネルギーを接種し、脈絡を作っている。
顔を変えるときは脈絡が物理的に途切れ、新しい顔とくっつき、変換する。


でした!




しかし、これで終わりではありません。

星の欠片を検索したところ、ヒットしませんでした笑
返せうちの大フィーバー。



実際は、アンパンマンは流れ星のように、赤ちゃんの状態で来たらしいです。
それをジャムおじさんたちが育てたと言うことでしょうか?

良くわかりませんがすごい話です。
ジャムおじさんがすごいです。
何者だか分からない生命体を育てるなんて。
命知らずですね。
地球ではアンパンマンの様な存在をエイリアンと言います。


でもとりあえず、星の欠片のような核があることは間違いなさそうです。





あとは何故アンパンマンジャムおじさんの所に飛んできて、ジャムおじさんは原動力がアンパンだと知ったのか。
そこに疑問が残りますね。


そこでさらに考えた仮説は、ジャムおじさんがキーとなります。

それは、ジャムおじさんの作るもの、レシピ、アンパンに反応して、欠片が飛んできた。
ということです。


するとカレーパンマンとかも説明できます。
ではなぜ反応したのか。それは、きっとジャムおじさんの寛大で深い優しさでしょう。


きっとレシピ通り作っても、真の優しさがないとあのパンたちは出来ないのでしょう。
ジャムおじさん死んだらアンパンマンとか居なくなるけど、真の優しさを持つ人が現れた時、アンパンマンは復活する。



そんなシナリオだったら、悲しいような良い話のような。
深い話になりますね。
きっと背景には社会情勢なども絡ませているのでしょう。




みなさんはどんな仮説を立てますか?
もうこの仮説を立てている人が居たらすみません。

なにか違う仮説があったら是非コメントしてください。
私はそれに対して「暇人」と言いますのでw
是非待ってます!笑


それではこのへんで。





PS

今目の前で韓国人カップルがイチャイチャチュッチュッしてます。
腹が立ちます。
貴重な視聴者を、暇人とバカにしようとしたからバチが当たったのでしょうか?
これからは気を付けます。


リア充めっせ!